人舟の今年最後の宅配パンと、できない相談

パン

今年もたくさんたくさん食べました。

人舟
千葉県長生郡長生村入山津803-2
店舗お渡し 土日13時~16時
予約は金曜日7時から(完全予約制)
宅配パンの募集はメールマガジンで

宅配パン【パン代3000円+送料760円】

私の場合(たいてい)月末にこの宅配パンが届くので、年末年始はいつも人舟パンを味わって過ごしています。贅沢だなあ。

豆乳の丸パン【150円】

この画像では伝わらない旨味…!丸パン(あるいはマルコ)は何度も食べてきたけれど、どんどんどんどん!進化しているような気がします。

原材料に「バター酵母」とあるのですが、それがこの溢れる旨さの秘訣なのでしょうか。バターって酵母になるの?よく分からないけどすごいっ。人舟パンのおいしさを語るとき、それを表す言葉をうまく見つけられず、もどかしい…。

玄米と亜麻仁パン【300円】

こちらも初めましてパンではないのですが。今までいただいた亜麻仁パンより更においしくなっています!今までも十分においしかったのに!

香ばしいだけではなくて、まるでチーズが入っているようなコクがあります。乳製品入っていないんですけど。玄米「ごはん」でなくて玄米「料理」というか。この一品で栄養価だけでなくて心も満足してしまうような。不思議。

マロングラッセシュトレン【2000円】

こちらは宅配パン3000円の中には入らず、別途申し込んだもの(発送は宅配パンと一緒)。

マロングラッセ、レーズン、いちじく、カレンズ、くるみ、カシューナッツ入り。じゅわじゅわしっとり生地なのは言わずもがなです。

先日、臨時便で「春のシュトレン」があったそうだけれど、臨時便は申し込めた試しがありません…。メールソフトを変えようかと思ったことも(メルマガでお知らせが来るため)。

来年は臨時便が増えるそうですよ。喜ばしいことです。

スポンサーリンク

森絵都さん著「できない相談」を読みました。

日常の小さな抵抗の物語。「夫の部屋は掃除しない」「余計な金は支払わない」などの38の抵抗の短編集です。

日々もやもやと感じているもの、我慢できないものではないけれど小さなストレスを感じているものは誰しもあって、私は「感動と勇気の押し売り」「道徳的な読書と感想文の強要」「人の感謝の意を勝手に誤解して勝手に振る勘違い野郎」の話が気に入りました。

ネットの口コミを見ると、何の話に共感できるかは人それぞれなのが面白かったです。頑固で器が小さいと定評の私でも「それは何とも思わないなぁ」という話もありましたし。楽しく気軽に読みながら、自分の小さなこだわりに気づかせてくれる小説です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました