ヒグベーグルと、おいしいパンの秘密

ベーグル

ヒグベーグルさんに行きました。

HIGU BAGEL & CAFE
東京都板橋区宮本町36-3
9時~19時(土日祝:~18時)
定休日/火曜・第1、3月曜

ベーグルが100円台からあるなんて嬉しいわ(プレーンは170円でした)。

訪れたのは土曜日の14時頃。「もうすぐ焼きたてでますよー」と声をかけていただいて、終始ニコニコ、丁寧な説明で心温まる接客でした。素敵なお店だわ~。

チーズベーグル【210円】

焼きたてのチーズベーグルを近くの公園でいただきました。

ベーグルはもちもち。チーズはたっぷりトロトロです。おいしくないわけがないっ。

ヘーゼルチョコベーグル【220円】

こちらは家に帰ってからいただきました。季節限定のベーグルです。中には、ヘーゼルナッツ入りのチョコレート。

トーストすると皮パリになりました。歯切れが良くてヒキはあまりないけれど、生地はみっちり(半解凍のまま食べると、更にみっちり☆)

甘さを抑えたブラックココア生地がおいしいですー。

スポンサーリンク

 

RiCEの13号は「おいしいパンの秘密」でした。

期待して読んだだけに、うむむ…でした。

端的に言って「ちょっと何言ってるのか分からない」というか。「それはあんたがバカでデブだからよ」と言われればそれまでなんですが。

デブっていうのは「よからぬ事件の犯人(の体型)が大抵ぶよっとしている」と浅薄なコラムを書いた吉本ばななさんへの、また、このコラムを巻頭に掲載したRiCEへの皮肉です(中盤の市川美和子さんのエッセイの方がずっと良かった)。

「種類別、おいしいパンの味わい方」とありますが、バルミューダトースターの宣伝でした。

池田さんがメインで書いている記事が多くて、その独特な比喩と言葉づかいに「ちょっと何言ってるか分からない」となってしまったり。このパンってそんな味わいだったけ…?という置いてきぼり感。

その他の人の文章もちょっと小難しいんですよねー(私には)。「酵母とは」「発酵とは」「食文化とは」「世界とは」…ううむ。

パン大好きな私も、ちょっとついていけないなぁという特集でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました