新宿伊勢丹でブーランジェリー・パティスリー・アダチ その1

スポンサーリンク
パン

伊勢丹新宿店で開催中のフランス展。

4月17日から21日までのPart2では横浜市のセンター南にあるアダチさんが出店しています。

Boulangerie Patisserie Traiteur ADACHI
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央22-15-1F
9時~18時
定休日/月・火曜日

アダチさんがパリで修行していたお店、アルノー・デルモンテルとのコラボだそう。おぉー!

わたくし行ってきました。初日の17日に。開店の10時と同時に伊勢丹に入館、6階の催事場へシュタタタ。

期待以上にパンがいっぱいありました☆

サンドイッチは4種類。

アダチサンドといえば!の鴨と青りんごのサンドと、フランス展限定のサンド3種類。

まっすぐアダチコーナーに駆けつけたおかげで、20分ほどで購入完了。

パン催事あるあるですが、客ひとりにつき会計まで非常に時間がかかります。それはもう仕方がないので、開店ダッシュで(でも走ると危ないので競歩で)できるだけ早く並んでしまいましょう☆

でも時間帯によって並ぶパンも異なるのかしら。悩ましいところ。

自家製プレロティとキャロットラペのバゲットサンド 【778円】

VIRON社の小麦100%を使用し、伝統製法で仕上げた正統派のバゲットに、国産鶏を1羽丸ごとローストした自家製のプレロティがぎっしり! 鶏肉の旨味をぐっと引き立てるやさしい酸味のキャロットラペとともにサンドしました。」とのことです。

バゲットは癖がなく、それ自体の味わいはどちらかといえば淡白です。なるほど正統派。

でも、バリッとクラストにもっちりクラム。香りもいいし、おいしいです。

具材も淡泊な鶏肉がメインなので、たっぷり量はあるけれどあっさりめ。

正統派でまとまったサンドイッチ…かしら。おいしいけれど私はもう少しパンチがある方が好みです。

フムスの野菜サンド【778円】

ふわりとレモンが香るひよこ豆のペースト、フムスと、揚げなすやキャロットラペ、トマトなどの野菜を、力強い粉の風味が広がるパンドカンパーニュにたっぷりサンドしました。」とのこと。

写真が下手過ぎて、おいしさはおろかボリュームさえも伝わりにくいのですが。

私はこちらのサンドイッチが超好みでした☆

まずこのカンパーニュがおいしい!ライ麦が入っていて、粉の味わいが強いです。もっちりしっとり生地。

そしてコクのあるなめらかフムスが様々な野菜をまとめています。揚げなすやトマトやキャロラペ、しゃきっとした紫大根の食感もイイ!惣菜として非常においしい!

778円って高いけれど、ボリュームもあって大満足なのでした。

スポンサーリンク

その他サンドイッチ以外のパンもたくさん購入しまして。それはまた別の記事で。

アダチパンをいただいたのはこれで3回目。

1回目は店舗がまだ伊豆にあった時。パンと具材のおいしさにときめきました。

2回目は横浜に店舗を移転したばかりの頃。移転したてのせいか?おいしいけれどあのトキメキはアレレいずこへ?という感じでした。

でもやっぱりアダチさんが好きだと思った今日。

アダチさん、2号店は静岡県の下土狩に出すそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました