新宿伊勢丹でブーランジェリー・パティスリー・アダチ その2

パン

フランス展で購入したアダチパンの続きです。

ちなみにフランス展の商品は高価格なものばかりで、アダチパン以外は購入していません…。

↓ル・グルニエ・ア・パンの商品も高すぎやしませんか?パンの値段とは思えない。うーむ。

さて。アダチパン。

マグレカナールとモリーユ茸、トランペット茸のソース、ルッコラのサンド【856円】

絶妙な火入れでしっとり仕上げた鴨肉を挟み、香り高いモリーユ茸のクリームソースを合わせました。鴨肉の旨味、キノコの風味が口いっぱいに広がり、ひとくちで幸せな気分に包まれること間違いナシ! さらにルッコラのほろ苦さとローストしたヘーゼルナッツの香ばしさが心憎いアクセントに。」とのこと。

幸せな気分に包まれるなんて~。またまた大げさな。

ほんとだ!幸せじゃ!!

やっぱりバゲットにはおいしい脂が合う!

淡白な鶏肉メインのバゲットサンドでは分からなかったけれど、鴨やキノコソースの旨味が、バゲットの小麦の風味をさらに引き出しているような。

鴨とキノコソース、それぞれが非常においしいのに、ヘーゼルナッツの香ばしさと食感もプラスされて、贅沢極まりない。好きです!

パン エキゾチック【530円】

マンゴーの生地に、ドライマンゴー、ドライりんご、パイナップル、クランベリー、マカダミアナッツ。

きゅきゅきゅきゅーーんと甘酸っぱい。じゅわっとトロピカルな旨味が溢れでます。むぎゅっと生地もおいしい。

サラミフリュイ【357円】

これがまた、新体験のパンでした!

赤ワインの生地にフェンネル入りのサラミ。パンというよりサラミかな?っていうくらい肉々しい。

そこにアプリコットの甘味と酸味が入り、口の中が戸惑います。

さらにピスタチオとマカダミアナッツ、エメンタールのコクもプラス。アクセントではなく、たっぷりプラス。口の中は混乱!

でも、そのたくさんの味わいの重なりがおいしい。おいしいことに驚きます。すごいっ☆

その3へ続きますっ。

(冒頭で他の商品が高いと言っておきながらアダチさんだけで4754円使ったわたし…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました