BAKEDのラズベリーブラウニーと、横道世之介

おやつ

新宿伊勢丹の地下1階の「ノワ・ドゥ・ブール」の行列に驚きます。以前からあるのに、こんなに並ぶお店だったっけ??

最後尾の看板を持っているお姉さんに聞いてみました。林先生がオススメ手土産にこちらのお店を紹介したんですって。知らなんだ。

私もここのフィナンシェやカヌレは好きだったけれど、並んでまで買ったことは一度もなくて、林先生の影響力ってグルメにまで及ぶんだなぁと感服いたしました。

閑話休題。

その行列を尻目に、「BAKED」でブラウニーを購入しました。

ラズベリーブラウニー【594円】

ニューヨーク・ブルックリンの人気ベーカリーの「BAKED 」(知らないけれど)のブラウニー。

私はこちらのアメリカンでガツンと甘いブラウニーが結構好きなのです。大きくて満足度も高し。

甘さも塩味もガツンと効いたスイート&ソルティーブラウニーが一番好きなのですが、はじめましてのフレーバーを購入してみました。

やはりチョコレートの甘さと濃厚さがガツンガツン。でもラズベリーの甘酸っぱさも負けてはいません。

この繊細さのカケラもない感じ(一応褒めてます)、ずっしりお腹と脳にくる感じ。時々食べたくなるのです。

冷やしても、温めてもおいしいですー。

スポンサーリンク

吉田修一さん著「続・横道世之介」を読みました。

吉田修一さんの本は大好きです。「国宝」は最近読んだ本の中で一番心が震えました。文章も構成もストーリーも、吉田さんは神かと思うような作品でした。

今回は「横道世之介」の続編。この作品も好きです。

世之介は素直で善良で明るくて、周囲の人に安心感を与える存在。でも決してヒーローではなく、軽くていい加減で頼りないところもある。大学卒業後はバイト生活の日々です。

その世之介の人生の結末は「横道世之介」の冒頭に書かれています。だから続編を読む前からその最期が分かっているのですが。

日常のささいなことで幸せを感じる世之介に、幸せな人生を歩んで欲しいと願って読まずにはいられません。

世之介と関わった人たちと同様に、私も彼に会えて良かったと思ってしまう作品です。

「横道世之介」は高良健吾さん主演で映画化されました。そちらもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました