ミルクレープフロマージュと、マジカルグランマ

スポンサーリンク
カフェ

千葉ペリエ6階にあるタリーズは、併設のくまざわ書店の本や雑誌を読むことができるのでお気に入り。

2時間制の札を渡されることが多いのですが、カフェで2時間居られたら満足です。

ミルクレープフロマージュ【通常は430円】

カフェラテ(トールサイズ420円)とのケーキセットで860円。

ケーキセットにするとバニラアイスクリームをつけてくれます。つまりプラス10円でアイスつき。

チーズクリームの甘味と塩味を味わえるとのことでしたが…ううむ。チーズ度は弱めです。

ミルクレープはドトールのそれと似ているような。ドトールのミルクレープを最後に食べたのはいつかも思い出せないので怪しいですが。

ちなみにカフェラテトールサイズはスタバのそれより量が少ない気がします(味もスタバの方が好き)。

スポンサーリンク

柚木麻子さん著「マジカルグランマ」を読みました。

タイトルから魔法を使えるおばあさんの話…?と思った私はバカです。マジカル・ニグロという言葉もありますが、便利で都合のいいステレオタイプのキャラクター類型を指します。

主人公はCMで優しくて穏やかなおばあちゃんを演じるのですが、とある発言で炎上して芸能界での仕事がなくなってしまいます。

マジカル○○なんて差別だ偏見だ!というのがこの本の主旨ではなくて、たくさんの側面を持っていれば生きやすいし、自分がどうしたいか、どうありたいかで生きていけば幸せじゃん♪という話でした(フランクに言うと)。

この主人公、ワガママで目立ちたがりやでなかなか面倒な人物なのです。それでも嫌悪感を抱かないのは、喋り方に品があるからかな、と。言葉遣いって大事だわ(←この本の主旨ではありません)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました