東京豆漿生活とISEPAN

カフェ

平日休みだ、わっしょい!

週末だと朝から1時間は待つという人気のお店に行ってみました。

台湾の本格的な朝ごはんが食べられるとのこと。

東京豆漿生活
東京都品川区西五反田1-20-3-1F
8時~売り切れまで
定休日/日曜日

10時頃にお店に着いて、30分ほど待ちました。本当に人気!

レジでお会計して、空いた席に座って、番号札で呼ばれて、注文した品を取りに行きます。下膳まで完全セルフです。

鹹豆漿【450円】

トロふわとした豆乳スープに、揚げパン。

酢の酸味とラー油の辛味がなかなか効いていて、思ったより味が濃かったです。

気になったのが熱々ではなかったこと…。ぬるい。熱くすると豆乳が固まっちゃうとか理由があるのかしら。

おいしいけれど、450円はちょっと高いなぁというのが正直な感想。並んでいる時間の方が長いしセルフだし…というのも含めて。

饅頭類が次々となくなっていき、11時には売り切れていました。本当に大人気。

私はテイクアウトして家で温めていただきました。その感想は別記事で。

スポンサーリンク

せっかくの平日休みなので新宿伊勢丹で絶賛開催中のISEPANにも行ってみました。

平日でも激混みとは聞いていましたが…本当に激!混み!なんじゃこりは!

普段この店はすぐ買えるのに何で行列つくってるの…とビビります。恐るべし催事効果。

群衆の中を歩くのに疲れて何も買わなかったけれど、せっかくだから写真を撮ってみる。↓イートインメニュー

高価格帯のシニシニとニューオータニは空いていました。

↑ニューオータニと船橋屋のコラボパンが非常においしそうだったのだけれど、値段が値段なので諦める…。せめてハーフで販売してくれればなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました