金乃竹 塔ノ澤 ひとり旅 チェックイン~お部屋編

つれづれ

箱根へ行ってきました。

家から旅館まで直行直帰した旅行なので、NOパン、NOカフェです。NO小麦です(旅館で和食をいただいたため)。

「そうだ温泉行こう」と決めたのが前日の夜で、宿泊先を決めたのが午前0時を過ぎていました。当日になってもネットで予約できるなんて便利な世の中だなあ。

つまり今回もひとり旅です。まわりはカップルしかいなかったけれど(いいなあ!)。でもひとりで過ごしても最高な、非常に素敵な旅館でした。

箱根湯本駅から車で5分ほどのところにある「金乃竹 塔ノ澤」に泊まりました。

チェックイン時のウェルカムドリンクとお菓子。

ドリンクは生ビールやスパーリングワイン、コーヒーや紅茶など数種から選べます。私は「富士山紅茶」を選んだのですが、これがすっきりとした渋みで非常においしかった!

お菓子も自家製和菓子やチーズスフレなど3種から選べます。私は「七夕」という自家製水羊羹を。これも上品な味わいで…この時点でもうご機嫌。

さて、お部屋です。こちらの旅館は全室温泉露天風呂付き。

お部屋によってレイアウトは変わりますが、私が利用した「竹」タイプはこんな。

ベッドの向かいはアイランド式の洗面台。動線が便利でした。

手前に見切れてるのは、ネスプレッソマシン。珈琲だけではなく紅茶マシンもあるのです。嬉しい☆

…と言っても、先ほどのロビーラウンジではおいしい紅茶等がフリーでいただけて、お部屋にも持ち込みできるのですが。面倒くさがりな私は部屋で事足りるのが嬉しいのです。

露天風呂です~。この「竹」タイプでは竹林を臨めます。

自家源泉で、泉質はアルカリ単純泉。泉質もこの旅館を予約した決め手でした。神経痛に効く温泉よりも、美肌効果のある温泉に入りたかったのです。お湯はなめらか、気持ちいい。

虫の音以外は聞こえない、静かな空間。

私はお風呂タイムは好きな音楽を鳴らして気持ちよく歌うことが好きなのですが(もちろん大浴場ではやりません)、こちらでは虫の音が素敵なBGMとなっていたため、それをゆったり楽しんだのでした。

(ただ、この虫たちが真夜中になると大きく騒ぎ出すのですが、この時の私は知る由もない…)

冷蔵庫にあったフリーのドリンクをお風呂に持ち込めるのも客室風呂の醍醐味。

お部屋タイプにより異なりますが、水2リットルのペットボトル1本、キリンレモン2本、コーラ2本がフリーでした。十分な量なのも嬉しい。

部屋から露天への動線も便利。画像にはうつっていませんが、露天からシャワーブースへも直接行ける仕様になっています。非常に機能的。

シャワーブースのアメニティはパンピューリ。使ってみたかったから嬉しいー(結果、良かった☆)

ネスプレッソで淹れたコーヒーをお供に、ソファでのんびり。贅沢だわー。

(このように窓を開放していると、灯りを求めた虫たちがわんさか部屋に入ってくるのですが、この時の私は知る由もない…)

夕食編へ続きます。

コメント

  1. ななこ より:

    あつこさん、本当にアクティブですね~。
    尊敬です!
    今回のお宿はとっても素敵です、私も好きな感じ♪

    • atsuko-painatsuko-pain より:

      このご時勢にアクティブなのはいかがなものかと思いますが…(;^ω^)旅行したなんて職場では絶対に言えません…。

      お宿、良かったです~。また行きたい!でも先立つモノが…(;’∀’)

タイトルとURLをコピーしました