ジュウニブンスコーンと、純喫茶とパンの本

スコーン

麦フェス2019のチケットには、新麦のお菓子のお土産も含まれていました。

365日、ブラフベーカリー、カタネベーカリー、パーラー江古田のいずれか1店のお菓子(とマルホン胡麻油)の入った紙袋がランダムで渡されます。

私のお土産袋にはジュウニブンベーカリーのスコーンが入っていました。

ザク感のない、しっとりなケーキ系スコーン。オレンジピール入り。

新麦みなみの穂という粉を使っているそうですが…よく分かりませんでした。普通の、よくあるスコーンって感じ(もらっておいてこの言い草)。

ちなみに、杉窪シェフのワークショップは大変な人気でした。

聞こえてきたところによると、今度は三軒茶屋にお店を出すとか。ノリにのってますね。

スポンサーリンク

 

「純喫茶とパンの本」を読みました。

純喫茶のパンメニュー紹介のムックかと思いきや、なかなか読みごたえがありまして。

喫茶店が愛するベーカリーという特集では、喫茶店と卸のパン屋さんとの信頼関係が見受けられます。

この味でなければとパンを仕入れて店のメニューとして提供する喫茶店と、毎日同じ味と品質のパンを届けるパン屋さん。安心と信頼がなければ成り立たないかと(喫茶店とパン屋に限りませんが)。

あと、このムックには興味深いコラムやエッセイもありまして。

行列に並んで居心地の悪い席で高い珈琲を飲む…それって本当にいい喫茶店なの?というコラムに共感しかないですー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました