【映画】運び屋

スポンサーリンク
つれづれ

クリント・イーストウッド作品が好きです。

「グラン・トリノ」では胸が締め付けられ、「ハドソン川の奇跡」では胸が温かくなりました。

派手さはなく、淡々とした演出なのですが…それがイイ!私的に。

というわけで、イーストウッド様が主演と監督を務めた「運び屋」もいそいそと観てきました。

原題 THE MULE
製作年 2018年
製作国 アメリカ
監督 クリント・イーストウッド

家族より仕事を優先してきた結果、妻や子に見放され、商売も失敗した90歳の主人公、イーストウッド様。

車で荷物を運ぶ仕事をすることになるけれど、それが実は麻薬だったという話。

家族が何より大切だとか、時間は戻らないとか、そんな普遍的な言葉は聞き飽きているけれど、イーストウッド様が発すると何だか胸に響きます…。私がファンだから?

妻との最期のシーンは思わず涙。ラストの植木シーンも涙…。観て良かった…。

さて。

イーストウッド様が麻薬運び途中のとある店で「世界一のポークサンドだ」と言ってサンドイッチを食べるシーンがあります。

ポークサンドというよりハンバーグサンドみたいな見た目だったけれど、トーストしていない食パンにはさまれていて、非常においしそうでした。

写真の画像は、セントル・ザ・ベーカリーのフィレカツサンドイッチです。

ちょっとパン焼きすぎ。角食のしっとりもっちり感が半減…。

2500円しましたが、カツは普通でした。セントル食パンは家でゆっくり味わいたいなと思った次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました