年明けもエクラデジュール

パン

私は年明けからずっとエクラパンを主食にしております。全部おなじみのパンですが、おいしい。

Eclat des Jours patisserie
東京都江東区東陽4-8-21
10時~20時
定休日/水曜日

お店の営業は1月6日からです。

ミエルフロマージュ【350円】

たっぷりのクリームチーズの下に、たっぷりのくるみ。はちみつの甘味も。

オランジュリー【380円】

オレンジピールが練りこまれた生地はむぎゅむぎゅ。ヘーゼルナッツのキャラメリゼはザクガリ。様々な甘味と苦味が絡んでいます。

クランベリー【400円】

ハードベーグルのようなみっちり生地に、クランベリーとアーモンドとクリチがこれでもかと入っているパン。間違いなく好きです!

ノアレザン【380円】

よく、「〇〇を食べればお店の味が分かる」と言われますが。それはその人の価値観によるものなので「〇〇」は何でもいいし、あってもなくてもどちらでもいいと思うのですが。

今まで私にはそういう基準がなく、そのお店で食べたいパンを好きな風に食べていました。でも、最近気づいたのです。ノアレザンが好みだと、そのお店のパン全体が好みである傾向に!ってどうでもいい話スミマセン。

他のお店とどこがどう違うのか説明できないのですが(スミマセン…)噛みしめる度にしみじみおいしいなぁと思うのです。ノアレザンは新鮮さも面白みもない定番なパンだけれど、生地と具材のそれぞれのおいしさと、相乗のおいしさをシンプルに味わえる最適なパンなのではないでしょうか(私見ですよー)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました