ピッツェリアのスコーンと、丸の内魔法少女ミラクリーナ

スコーン

先日買いそびれたスコーンを買いに行きました。

Perte
千葉県千葉市稲毛区小仲台2-12-15
11時30分~14時
17時30分(土日祝は17時)~21時
定休日/月・第2火曜日

ちなみに、こちらではピッツァはもちろん、前菜やドルチェもテイクアウトできます。

イチジクとチーズ【250円】

しっとり系スコーンです。チーズの塩味が効いていてお食事系スコーン。

人参とレーズン【250円】

この画像では分かりにくいけれど、人参が練りこまれています。

甘さは非常に控えめで、素朴な味わいでした。

こちらでは前菜もドルチェもいただいたことがあるけれど、やっぱりピッツァが一番かなと思います(ピッツェリアだしね)。

スポンサーリンク

 

村田沙耶香さん著「丸の内魔法少女ミラクリーナ」を読みました。短編集です。

村田さんワールド全開の話もあれば、表題作は(他の作品と比べれば)まだ現実味があって、主人公とその友達の人柄が可愛らしく、読後感が爽やかでした。

村田さんは、性別や生殖行動や怒りの感情を面倒なものと感じつつも、人間がそれに囚われているからこそ愛しいものと捉えているのでしょうか。いや、憎しみもあるのかな。いや、ただの私見ですが。

怒りを共有することで他人と仲良くなること、甘い興奮と快感があること…身に覚えがたくさんありすぎる。でも、それも悪くないよねと思うのでした(他人を傷つけなければ)。

コメント

  1. 豆腐 より:

    この本、私も読みました。面白くて、スルスル読めてしまいますね。
    クリーミーマミを彷彿とさせる内容で、(年代がばれそうですがw)非常に面白かったです。
    コンビニ人間もよかったのですが、人間の感情をうまく書いているなと、読んでいて、そうだよねと納得する部分がありました。

    • atsuko-painアベシ より:

      なんと!私もクリーミーマミを想像して読んでいました!ステッキが欲しかったあの頃!懐かしいです(^▽^)そういえば村田沙耶香さんも同年代ですよね。
      私もコンビニ人間好きですーー。近未来が舞台のヘンテコな話もおもしろいのですが、リアリティのある現代の話の方が共感できて好きです☆

タイトルとURLをコピーしました