CHILL KITCHEN バナナナッティと、傲慢と善良

カフェ

チルキチさんへ行きました。

CHILL KITCHEN
千葉県船橋市東船橋2-9-9-106
11~22時(日曜日~17時)
定休日/水曜日

最近変則営業が多いので、行く前にはインスタ要チェックなのです。この日は忘れていてラストオーダーギリギリに入店することに。

平日夜にしか行ったことがないけれど、土日は非常に混んでいて閉店時間前にフードが売り切れてしまうことも多々あるよう。

アップルチーズケーキとバナナナッティ【980円】

通常のケーキセットは880円ですが、一部ドリンクを選択するとプラス100円になります。

私はこのバナナナッティが大好きで。バナナにナッツのシロップと、チョコレートを入れているんですって。ほほーう。

画像は一口飲んだ後です。本来はナミナミと注がれています。もちろん氷なしで。

アップルチーズケーキは、ベイクドの割に軽めの口当たりでした。煮りんごが入っています。

以前いただいた、胡椒つきのチーズケーキの方がどっしり濃厚で好みだったな…。今回は夏仕様なのかもしれません。

私は夏でもコッテリ万歳なんだけどな(すっこんでろデブ)。

スポンサーリンク

辻村深月さん著「傲慢と善良」を読みました。

辛口でいきます。

この方の本は「閉塞的な田舎から上京してきた女の子と、過干渉する母親」の話が多いのですが、今回もそうでした。うへえ。

タイトルの「傲慢と善良」は、現代の結婚がうまくいかない理由だそうです。自己評価が高い傲慢さと、世間知らずで無知という善良さ。そんな傲慢さと善良さは現代に限ったことではないと思うんですが…。

そんな婚活についての考察を登場人物にひたすら喋らせるんですけど…うへえ。カギカッコつきの台詞か、主人公たちの心の声が大半を占める小説でした。情緒もへったくれもなく。

そして、結末はホラー。

男は自分を裏切った女を許すことでプライドを守ろうとしているとしか思えなくて。そのような描写は一切ないのに、理解不能な朗らかさが陰鬱なものに感じる…うへえ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました