ミシュラン一つ星の香港点心専門店

レストラン

日比谷の、いつも行列している点心のお店へ行きました。

添好運(ティムホーワン)
東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ別館1F
11時~23時

プチメック後に行ったらたまたま空いていたので。でも。

「カジュアルに楽しむ一流の味」がコンセプトのようですが、私には一流の味が分かりませんでした…。

海老とニラの蒸し餃子【580円】

ぷにゅぷにゅした皮の餃子。海老はプリプリで美味しいけれど、皮の食感は好みが分かれそう。

チャーシューのチョンファン【680円】

米粉で作られた生地はちゅるんとしていて、こちらも独特。チャーシュー量は少なめ…。

ポークのワンタン香黒酢【580円】

もっと肉ジューシーだったらいいなと思うのですが。タレにパンチがあるせいかほぼタレの味。

海老の湯葉春巻【680円】

揚げたては正義!パリっとな。でも一口サイズが6つで680円は高いなぁ。

鶏肉と生姜の蒸しご飯【580円】

ごはんに生姜が入っていると思ったら違った…。生姜の効いた鶏肉と一緒に蒸したジャスミンライスとのこと。

ジャスミンライスってタイ米の最高級品なんだそう。タイ米かぁ。平成の米騒動を思い出すわ。平成生まれの子は知らないんだろうなぁ…なんて。

塩豚のお粥 ピータンと塩卵入り【480円】

↑これは取り分けた後なので、実際はもっと量があります。

このお粥が一番好みでした。優しい味。

席料(お茶料?熱いお茶のポットが各卓にあって飲み放題)として10%かかります。ううむ。店内はファミレス風なんだけどなぁ。リーズナブルを売りにしているようですが…ううむ。

「厨房で丁寧にひとつひとつ手作りされた点心」とのことですが、提供は非常に早いし大味だし…本当に??と思ってしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました